黄金のひさご膳(桐紋入り)
黄金のひさご膳(桐紋入り)
本金箔と本金粉使用

黄金のひさご膳(桐紋入り)

通常価格 ¥23,000 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

天皇家の紋章だった桐紋が入った「ひさご形」の御膳
国産素材だけにこだわり、「本金箔」と「本金粉」を全面に使用
名職人が仕上げた本物の輝きを放つ「黄金の膳」

昔から魔除けの効果や、あらゆる方角から福を招くとされてきた金。 豊臣秀吉も金に魅せられ、黄金の茶室を造って我が世の春を謳歌しました。 この茶室に因み、歴史人編集部が金沢の金箔工芸の老舗とコラボし「開運・黄金の器シリーズ」をリリース。

素材は全て国産、とことん手作りにこだわった自信作です。 晩酌やお茶の時間に、たまには贅沢な時間を過ごしてみるのも一興。選り抜きの職人が丁寧に仕上げた傑作です。贈り物にもおすすめです。

 同商品「黄金のひさご膳」(桐紋入り)は、その黄金シリーズの一つ。用途の幅が広い人気商品です。

「ひさご膳」のベースとなっているのは漆塗り木製の漆器。地元の加賀山中の木製漆器や、1976年に国の伝統的工芸品に指定された川連漆器がベースとなっています。

そして、 ひさご膳は”黄金”という名の通り、本物の金箔を全面に貼っています。老舗「田じま」では、109mm角の金箔を、職人が細心の注意を払い、膳の表面に一枚一枚、わずかに重ねながら貼っていきます。

国産の木材を煙で燻す、昔ながらの乾燥方法で器を作り、漆塗りを平滑に光沢よく仕上げる川連漆器と、金沢の老舗「田じま」の金箔の伝統工芸が融合した逸品なのです。

さらに、「ひさご膳」の片隅には桐紋が入っています。

 桐紋は天皇家の紋章として用いられてきました。室町時代になって、足利尊氏が後醍醐天皇から使用することを許されます。そして足利氏は、この紋章を勲功があった大名たちに下賜。桐の紋章を使えるということは、当時の武家にとって、名誉なこととなります。

その後、室町時代の最後の将軍となった第15代・足利義昭は、織田信長に桐紋の仕様を許します。そして、やがて秀吉も桐紋を使うようになりました。一方で桐の文様は、衣装や調度品のデザインとしても流行するのですが、秀吉は桐の紋章を許可なく付けることを禁止。「桐」は、それほどに人々を魅了した文様だったのでしょう。

そしてひさご膳の片隅の桐紋は、本金粉蒔きで入れました高貴さを感じさせる桐紋に相応しい、純度94%以上の金粉を使用している「本金粉」。ひさご膳の全面も、94%以上の「本金箔」を使用していますから、まさに「黄金」という名に相応しい商品といえるでしょう。

近くで見ると、蒔絵の紋様は引き込まれるような美しさです。ひさご膳と桐紋が、見る角度によって異なる輝きを放ち、黄金色に輝く貴重な極上品に仕上がっています。

 

【商品について】 ※こちらは「桐紋が入っている」商品となります。

 ●黄金のひさご膳 

サイズ/縦275(最長部)×横190(最長部)×厚さ18mm
重 量/60.2g

※本金箔と本金粉を使用しています

 

【商品お届けまでの流れと所要日数】

●ご注文いただきましたら、1週間以内に商品お届け予定日を、メールでご連絡致します。

●商品は全て職人による手作業で作られます。そのため、商品がお手元に届くのは、ご注文日から約1ヶ月が目安となります。

※なお、職人や素材などの製作の都合で予定より遅れる場合がございます。上記の目安、約1ヶ月より遅れる場合は、メールにてご連絡させていただきます。あらかじめご了承いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。