黄金のグラス(桐の紋章入り・本金箔使用)
黄金のグラス(桐の紋章入り・本金箔使用)
STORE REKISHIJIN

黄金のグラス(桐の紋章入り・本金箔使用)

通常価格 ¥8,800 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

金箔工芸の真骨頂「沈金加工」で
全体が黄金に輝く傑作グラス!

昔から魔除けの効果や、あらゆる方角から福を招くとされてきた金。 豊臣秀吉も金に魅せられ、黄金の茶室を造って我が世の春を謳歌しました。 この茶室に因み、歴史人編集部が金箔工芸の老舗とコラボし「開運・黄金の器シリーズ」をリリース。

そのうちの一つが、ここで紹介する桐紋が入った黄金のグラス。グラスのサイズは、口径75mm、高さは87mm。何より、手にして初めて実感出来る、心憎い演出が盛り込まれています。

まず、グラス側面の桐紋はサンドエッチングによる研摩で浮かび上がらせています。そして、続いて行う「沈金加工」は、金箔工芸の真骨頂。一般的にあまり知られていない技術ですが、これも伝統工芸のひとつ。加飾をするための技法で、本金の粉をサンドエッチングで削った溝に埋め込んで、仕上げに低温で焼付けます。選り抜きの職人ならではの傑作なのです。

これにより桐紋が上品にうっすらと金色に輝き、さら底面に施した金箔はガラスの反射を利用して、グラス全体が黄金に光っているように見えるのです。

桐紋は天皇家の紋章として用いられてきました。室町時代になって、足利尊氏が後醍醐天皇から使用することを許されます。そして足利氏は、この紋章を勲功があった大名たちに下賜。桐の紋章を使えるということは、当時の武家にとって、名誉なこととなります。

その後、室町時代の最後の将軍となった第15代・足利義昭は、織田信長に桐紋の仕様を許します。そして、やがて秀吉も桐紋を使うようになりました。一方で桐の文様は、衣装や調度品のデザインとしても流行するのですが、秀吉は桐の紋章を許可なく付けることを禁止。「桐」は、それほどに人々を魅了した文様だったのでしょう。

乙な演出に酔って時代に想いを馳せ、いつもより味わい深い一杯が飲めそうな商品。ウイスキーを楽しむロックグラスとしてはもちろんのこと、日本酒でも冷酒用として活用できます。

素材はもちろん全て国産、とことん手作りにこだわっています。 晩酌やお茶の時間に、たまには贅沢な時間を過ごしてみるのも一興。ぜひ、一度手にとって、その黄金の輝きに包まれる時間を堪能してください。もちろん、贈り物にもおすすめです。



【商品について】 ※こちらは「家紋が入っている」商品となります。

 ●黄金グラス

サイズ/口径75×h87mm
重 量/74.9g

※化粧箱入りでお届け致します。

※本金箔を使用しています。

 

【商品お届けまでの流れと所要日数】

●ご注文いただきましたら、1週間以内に商品お届け予定日を、メールでご連絡致します。

●商品は全て職人による手作業で作られます。そのため、商品がお手元に届くのは、ご注文日から約3週間が目安となります。

※なお、職人や素材などの製作の都合で予定より遅れる場合がございます。上記の目安、約3週間より遅れる場合は、メールにてご連絡させていただきます。あらかじめご了承いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。